シェアする

12月のワーク・EQアップのために

注意喚起
注意喚起
悪質なDV加害者プログラムの一部が名前『だけ』を変えて、名ばかりの「修復支援」や「ソーシャルプラットフォーム」の立ち上げを行っていると聞きました。
女性にも二次被害が出ておりますので どうかお気をつけ下さい

勿論「DV加害者プログラム」そのものについても十分にお気をつけください。
実態についてこちらにまとめてあります。

12月のワーク・EQアップのためにはや、大晦日ですね。
今年もいろいろありましたが、そのあたりについては
次の記事で書こうかとおもいます。

今回は、12月のワークについて書いていきます。

スポンサーリンク

初めての方もお久しぶりな方も

今回の12月ワークは前半に行われました。
私はお昼の男性ワークから参加しました。

男性ワークとはいっても、女性も一緒に参加が可能なんです。
午前の女性ワークも、男性も参加可能だったりする不思議な空間です。

DVや家庭不和に関わる当事者が、男女関係なく集まることで
男性の視点、女性の視点に対して直に触れられる貴重な場所なんですよね。

今回は久しぶりに顔を見る方や、このブログをみて気になって来られたという方も
いらっしゃいました。なんだか嬉しいですね。

自己紹介や近況報告等からワークは始まり
いろんな当事者のお話を聞き、自分の話を語り…
そのように進んでいきます。

EQとは

EQとは…
Emotional Intelligence Quotient」の略で
「Emotional」とは感情
「Intelligence」とは知能

感情と知能のバランスという意味もあるのかな?

 そういった意味があります。

自分の感情にどのくらい縛られているか、等の目安を出すための設問があり
これについて、グループディスカッションしました。

こういうこと、あるよね(苦笑)

グループディスカッションでは、3〜4人ほどの男女混合グループで
EQについての説明紙を元に自由に話していきます。

設問は、認知行動療法のものに近いものがあるのかな?
おそらく、EQが低いほど認知にゆがみを抱えている傾向がありそうです。

設問に対して、グループで自分の失敗談や考えについて自由に話し合います。

よくあるのが「こういうことありますよね(笑)」という
共感が多く得られることでしょうか。

自分の感情と相手があること…これについての
EQが低いことによる失敗等
DV・モラハラに至る失敗等々

自分にも多く当てはまる事が多いというのもあるのですが
グループで一緒に話した方とは、当てはまるもの・当てはまらないものが
一致はしなかったというのが、面白いと感じました。

それぞれ、しんどいと思う事や得意と思うことは違うという
ライブ感のある気付きがあるんですよね。

男女でも違うし、同姓でも違う
当てはまる部分はとても共感が得られるし
当てはまらない部分も、なるほどと納得させられます。

来年のワークも楽しみです 

こんな形の12月ワークでした。
もちろん来年(来月)もあるので、必ず参加したいと思います。

ありがとうございました。 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

↓他のDV・モラハラブログを読む
にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ