シェアする

ライターさんから取材の依頼を頂きました/今月のワーク

注意喚起
注意喚起
悪質なDV加害者プログラムの一部が名前『だけ』を変えて、名ばかりの「修復支援」や「ソーシャルプラットフォーム」の立ち上げを行っていると聞きました。
女性にも二次被害が出ておりますので どうかお気をつけ下さい

勿論「DV加害者プログラム」そのものについても十分にお気をつけください。
実態についてこちらにまとめてあります。

ライターさんから取材の依頼を頂きました/今月のワーク先日、雑誌等にも寄稿されているという
フリーライターの方からコンタクトを頂きました。

様々な社会問題の当事者達が、どんなアクションをしているか等
取材をされているそうで、今回、DVに関わる当事者として
いろいろ話を聞いてみたいとの事でした。

まだ、確実になんらかのメディアに記事として載るかはわからないとの事ですが
こうして、いろんな方に当事者の話、取り組んでいることについて
お話できる機会が出来たということはとても嬉しいことです。

出来るだけ、多くの方に当事者としての現実
現在の支援における問題、実態等を伝えられれば幸いです。

ちょっと身なりをいつもより気を使って行かなきゃな(笑)

スポンサーリンク

今月のワーク

昨日は「味さん」の銀座ワークに参加してきました。

初めて参加されていた中に、なんと当ブログでメッセージの交換を
何度かさせて頂いていた方が参加されていました。

こうして、繋がりが増えていくというのは本当に嬉しい事です。
ブログをやっていて良かったと、本当に思います。

さて、今回のワーク1つ目は…
「自分の好きな所/嫌いな所」を挙げていくというワークでした。

一件ネガティブに見えることでも、自分では好き
ポジティブに見えることでも、自分では嫌い

そういった側面がよく見えてきました。

真面目過ぎる自分が嫌い…真面目な自分が好き。
同じ事でも好きだったり嫌いだったり…

自分を認めることが出来れば、どんな側面でも好きになれる。

そんな自己肯定感を養えた気がします。

個性とは、利点なのか欠点なのか…
利点欠点とカテゴライズしてしまうのは、少々馬鹿馬鹿しくなってしまいますね。

DV加害者も被害者も、笑い合うワーク

グループで、男性も女性も混じってこうしたワークを行う事で…
理解が実感として身になっていくのが実感できるのが、グループワークの醍醐味かもしれません。

問題を抱える男性も、女性も一緒に集まって
自分の感じ方を出しあい、時には笑いも交えて…

DV加害者男性が、女性の前で笑い、冗談も交えながら…
以前いた、女性団体系主導の加害者プログラムでは考えられない事でした。

皆、安心してリラックスしているんですよね。

安心して、時には笑いが出る程リラックスしているからこそ…
身になっていくのだと思います。

家族とは…

2つ目のワークは「自分が思う家族とは…」という課題でした。

「安心出来る所」「安らげる所」等々気持ち的な意見が出る中
私は「苗字が同じ」とか「同じ家に住んでる」とか…
状況に関する事を多く出していた気がします。

人によって感じ方は様々で、人はそれぞれとらえ方が違うんだよ
ということが自然に理解できてきます。

また、このワークを通して
家族の役割を演じることの辛さ…
家族とは本来、相互信頼によって成り立つこと…

白黒は付けなくても、グレーで良い
ストライプ柄になっても良い…
いろんなあり方が有って良い…

これまで私が、妻が、無理をして役割を演じてきたことに気づき…
DVモラハラがなぜ起きたかということを間接的に理解できた気がします。
また、どうあれば、楽に、相互信頼を重ねて生きやすくなれるか
そういったことを今回も学べた気がします。

あとは…
知識はいくら得ても、実際のコミュニケーションで活かせなければあまり意味は無いので…

この学びを、実際に活かせていられているか
これからも活かしていけるか

これを気をつけていってみたいと思います。

来月に開催される、次回もまた参加したいと思います。

生活に余裕が出てきたら、味サンが主催されている「グルメナイト」も行ってみたいなぁ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

↓他のDV・モラハラブログを読む
にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ