シェアする

DV・モラハラの「被害者」「加害者」ではなく「当事者」として

注意喚起
注意喚起
悪質なDV加害者プログラムの一部が名前『だけ』を変えて、名ばかりの「修復支援」や「ソーシャルプラットフォーム」の立ち上げを行っていると聞きました。
女性にも二次被害が出ておりますので どうかお気をつけ下さい

勿論「DV加害者プログラム」そのものについても十分にお気をつけください。
実態についてこちらにまとめてあります。

DV・モラハラの「被害者」「加害者」ではなく「当事者」としてこのブログでは便宜上、DV・モラハラに関わる人達の事を
「加害者」「被害者」と分けて書いてはおりますが…

実はこういう分け方って本当はどうなのかな?と
ずっと思っています。

s_VI13NSFRNA

スポンサーリンク

加害性と被害性は混在するもの

そもそも、DVやモラハラに限らず
人間関係における加害・被害とは、100対0に切り分ける事が
非常に難しいんですよね。

法でジャッジすると、100:0になる場合もあるのですが
本質的に見ていくと、かならずしもそうではないことは
無意識的に体感されている方もいらっしゃるかと思います。

というのは、加害者とみられる人にも被害者的な側面を内包していたり
その逆、被害者とされる人も、加害者性を秘めていることは
実はよくあることです。

人は、問題が起きた時に被害者になりたがる

さて、人は対立的な問題が起きた時に
自身を守るために被害者になりたがる傾向があります。

この辺りの事は、前回のワークでのお昼だったかな?
にそんな話題が出て、ピンときた体験がありました。

ワークについてはこちらからどうぞ。
DV・モラハラの加害者・被害者・男性も女性も一同に集まる2月のワーク
先週は、毎度の月一東京ワークに参加してきました。 今回も朝から晩まで、本当に得られるものの多い一日でした。 また、バレンタインデーということで カウンセラー・ファシリの …

「人は被害者になりたがるんだよね、だってその方がみんな守ってくれるから」

といった感じだったでしょうか。
なるほどと思いました。

世間でよく言われるDV・モラハラ加害者も
自分を被害者だと言い張って云々…
という話や記述をよく見かけます。

良い悪いはさておき、事実そういうことはあるかと思います。

仮に被害者が加害者性を秘めていたとしても
なかなかそれを自分で認めることは難しいですよね。

被害者・加害者というよりは「当事者」として

こうして、被害者として自分を守る事に腐心しても
なかなか問題の解決には至らないんですよね。残念ながら。

被害者として全肯定され
行政なり女性団体なり、企業なり…に流されるだけでは
また同じ問題に、知らず無意識のうちにぶつかってしまう事があるでしょう。

よくある例としては
DV・モラハラ夫を懲らしめて、離婚したと思ったら
また別のDV・モラハラ夫と結婚してしまい、しんどい思いをする…という話

被害者の加害性や、それ以外にも内包していたであろう問題に
向き合う機会が無かったゆえの、暴力の再生産という結果になることが
よく見られます。

そういう状況はとてもしんどいと思います。

もし「当事者」として自身の問題に向き合うことができれば…
と思うこともしばしばです。

良い悪い・善悪や加害者被害者…というラベリングやレッテルにとらわれず
あくまで1「当事者」として考えて、自分に向き合うという事を
意識できれば…と自戒も込めてしたためてみました。

結局はだいたいの問題というのは、自分の捉え方一つだったり
受け取り方、自分の世界の構築方法でいかようにでも変えられるんですよね。
自分の世界を変えるのは自分自身なんですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

↓他のDV・モラハラブログを読む
にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ