シェアする

高橋ジョージ・三船美佳の間にあったというモラハラ?抱えていた問題とは?

注意喚起
注意喚起
悪質なDV加害者プログラムの一部が名前『だけ』を変えて、名ばかりの「修復支援」や「ソーシャルプラットフォーム」の立ち上げを行っていると聞きました。
女性にも二次被害が出ておりますので どうかお気をつけ下さい

勿論「DV加害者プログラム」そのものについても十分にお気をつけください。
実態についてこちらにまとめてあります。

高橋ジョージ・三船美佳の間にあったというモラハラ?抱えていた問題とは?ここ数日?芸能ニュースで「モラハラ」という単語を見かけるようになりました。 どうも、高橋ジョージ三船美佳の離婚の原因に「モラハラ」があったようで… 高橋ジョージとは「なんでもないようなことが~」の歌で有名だった方ですね。

はてさて、どんな事があったのだろう…と軽くニュースを拝見してみました。

スポンサーリンク

モラハラとはそもそもどんな事を?

ニュースが伝えたという所によると 連日、罵声や暴言を浴びせられることがあったと「三船美佳の友人」が記者に伝えていたとの事で それが事実であれば、三船美佳さんはさぞお辛かったんでしょう…と思います。

あったかどうかは、今後本人から語られる事があれば信ぴょう性も増しそうですね。 最近は、でっちあげDVでっちあげモラハラなんてのも有りますから… 中々難しい話にはなるかと思います。

三船美佳の不倫の噂もあったとか…?

三船美佳がウザい浮気で激太り?離婚か?現在の子供カップ画像も

このような記事を見かけました。

あくまで噂は噂、信ぴょう性は低いですが ちなみにこの噂に関する記事は軒並み削除されてしまっているそうです。

これも、もし事実なら高橋ジョージさんはさぞしんどかったのでしょう…

結局、問題は2人が抱えていたものなんじゃないかな

モラハラだ、不倫浮気だ…等と無責任な噂が流れてはいますが… 結局のところ2人とも、コミュニケーションでの問題自分自身がもつ問題・しんどさを抱えていたのかな、と勝手にですが思います。

これ以上は2人の問題ですし、外野が騒いだりする所じゃないですよねぇ… 芸能人は、プライベートを晒されてしまい、なんともしんどい事ですね… そもそも、ゴシップ記事の分析とかはしたくないですね(苦笑)

一言「モラハラ」で片付ける方がよほど問題

マスコミ報道では、高橋ジョージが抱えていたであろう問題を 一言「モラハラ」という言葉で片付けてしまっていたことに 疑問や不安を感じてしまいます。

DV・モラハラといっても、それをしてしまう根源にある原因はいろいろあって 生育の問題であったり、自分自身も意識していないしんどさを抱えていたり… 言いたくも無い暴言を言ってしまい、その瞬間に後悔してしまったり…

モラハラは悪!と一刀両断してしまうのはあまりに危険なことだな… と思ってしまいます。

言葉のレッテルを貼る事で、した側・加害者は吊し上げ… された側は無条件で全てを肯定され、強制的に別離する… この辺りは、女性団体や弁護士等も関わってくるのでさらに厄介です。

そうなると、加害者側も被害者側も 相手ではなく自分自身が抱える問題に気付かないまま また、同じ事をして・されてしまうという暴力の再生産が行われてしまうんですよね…。

加害者も被害者もその後救われない。

モラハラだDVだ!と騒いで離婚して被害者が一時的にホッとしても その後も被害者が自分自身の問題に向き合わない限り また同じことが別の人でもおきてしまったり、しんどい思いがずっと昇華されなかったり…

これが一番問題とすべきところじゃないかなと思います。

もちろん、暴言や暴力を肯定したり、加害者をかばったりする意味も そういった気もありません。

ただ、最初からこんな事が起きない為に 起きてしまっても、泥沼にならない為に出来る事… それって沢山あるんですよね…

ただ「モラハラだ暴力だ!」と騒ぐだけに留まり その改善や、自分自身の問題から解放される方法が あまりにも広まっていないのが残念です。

その方法や実践等の記録、気付き等 このブログの他の記事にも沢山書いてありますので 是非ご覧下さいね。

追記:モラハラ加害者について、詳しく書きました。よければどうぞ

私が世にも恐ろしい「モラハラ加害者」です | DV・モラハラ更生、夫婦・人間関係について学ぶ人のブログ
今回は、モラハラという問題に実際どのような背景があるのか 加害者と呼ばれる人、被害者と呼ばれる人はどのように感じているのか… 世にも恐ろしい「モラハラ加害者」と呼ばれた私が 自分自身の経験や学びから …

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

↓他のDV・モラハラブログを読む
にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ