シェアする

DV加害者プログラム講師を心配してしまう受講者

注意喚起
注意喚起
悪質なDV加害者プログラムの一部が名前『だけ』を変えて、名ばかりの「修復支援」や「ソーシャルプラットフォーム」の立ち上げを行っていると聞きました。
女性にも二次被害が出ておりますので どうかお気をつけ下さい

勿論「DV加害者プログラム」そのものについても十分にお気をつけください。
実態についてこちらにまとめてあります。

DV加害者プログラム講師を心配してしまう受講者久しぶりに、加害者更生プログラムについてです。

スポンサーリンク

ある回にて

プログラムを受講している最中、合間合間に講師さんの小話(?)が入ることがあります。

大抵、講師さんの考えのご披露で有ることがほとんどです。

ちなみにこの回のお話は…
確か、講師さんがバスに乗っておられた時の話だったかと思います。

その際、仲の良さそうな家族(若い夫婦とその子供だったそうな)を見かけたのですが
その家族にDVの影を見受けてしまったそうです。

おお?一見仲の良さそうな家族ということなのに?
と、我々受講者は興味深く聞いていました。

で、そのDVの影とはなんだろう?と次の言葉を待ちました。

で、講師さんが言うDVの影とは…

「男の方が、パートナー(奥さん)をなんと、ママと呼んでいて、パートナーは男性をパパと呼んでいたのですよ!ジェンダーバイアスが云々…ゆくゆくはDVに発展云々…」

というお話でした。
受講者一同、どう突っ込んでいいものか…
ズッコケない方が居なかったのは良かった…のかな?

他の受講者から、流石にそれは考え過ぎではないか?
その呼び方をお互い受け入れて使っているかもしれないし、何より仲良さそうにしていたなら、嫌々言っているわけでもないんじゃないですか?

と、もっともな突っ込みがありましたが
講師さんはため息を一つついて

「はぁ〜。あなたは何もわかって無いんですねぇ!」

とだけおっしゃり、この話題は終了になりました…

講師さんが心配…

その回が終わった後、受講者同士で軽く食事に行ったのですが…
話題は先の事で持ちきりでした。

やはり、ちょっとどうなんだろうなぁ、と言うことと

「講師さんって、家庭が上手くいってなかったりするのかなぁ?」

とか

「昔、男に酷い目に合わされたとか?だからここまで男性に対して高圧的なのかも?」

という話や

「自分が見てもらってる心療内科の先生に、講師さんの事を話したんだけど…先生が言うには講師さん、話を聞いただけでもその講師さん、一度診た方が良さそうだねという話まであったよ」
「なんか、心配だね…」

という、心配の声まで上がっています。
たしかに、ちょっと病的に感じてしまう事が多いんですよね。

大変なお仕事かとは思いますが…
心の健康が心配です。

今更気が付いたけど…

話は変わって、本当に最近気がついたのですが…
このプログラムの呼び名は、公式には
「DV更生プログラム」でも「DV加害者更生プログラム」でもなく

「DV加害者プログラム」

だったんですよね。
呼び名にこだわるつもりもないですし
それで内容が変わるかというものでも無いのですが

「更生」という言葉が入っていなかった事に驚きました。

確かに「カウンセリングではない」
「2人の仲を取り持つものでもない」
とありましたし

純粋に「講師養成テキスト」の通りに
外圧をとことん与えるという、まさに「プログラム」だったのかもしれません。

確かに、受講者全員が
回を重ねるごとに、顔から生気が無くなっていっていたので…
そういう意味では効果があるのかもしれませんね…

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

↓他のDV・モラハラブログを読む
にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ