シェアする

怒り…というか残念と感じる情報。ここで書きたいこと等の整理を改めて…

注意喚起
注意喚起
悪質なDV加害者プログラムの一部が名前『だけ』を変えて、名ばかりの「修復支援」や「ソーシャルプラットフォーム」の立ち上げを行っていると聞きました。
女性にも二次被害が出ておりますので どうかお気をつけ下さい

勿論「DV加害者プログラム」そのものについても十分にお気をつけください。
実態についてこちらにまとめてあります。

怒り…というか残念と感じる情報。ここで書きたいこと等の整理を改めて…さてさて、本日2本目の記事ですが…
最近、情報提供頂いた事を前半で
後半では、このブログでこれから書こうとしている・書きたい事を改めて整頓しておこうと思います。

GLR3UURE7M

スポンサーリンク

「関係修復プログラム」と名前だけを変えたDV加害者プログラム

最近、関係者や当事者の方に聞いた情報なのですが
とあるDV加害者更生プログラムが「関係修復プログラム」と
が名前「だけ」を変えていた。という事です。

名前「だけ」という事は、やっていることはこれまでと同じく修復とは程遠い支援で
無駄に家族を破壊して、お金を稼ごうという趣旨の団体だそうですね。

情報だけは、前々から頂いていたのですが
どうにも、探してもそれに関するWebページが見つからない…
という事で、最近やっと詳細な情報を改めて頂きました。

頂いたURLを入れてみると…あらあら
ここは男性からも女性からも、相当に評判の悪いプログラムじゃないですか…
加害者更生をうたって、講師から受講者へのモラハラがまかり通っているという事です。

いくつかここに関するご相談を当事者から…男女関係なく頂いていたのですが…
講師の個人的感情に振り回されて、加害者の脱暴力はもちろん達成されず
被害者の回復も出来ないという、最悪なプログラムという実態があるようです。

こういったところが「修復」をうたって人を集めるとは…
怒りというか、怒りを通り越して残念な気持ちになってきます。
ここに限らず、とんでもない講師の言動
以下のカテゴリに幾つか書いていますので
読んで頂けると、どのような支援の実態があるのかがお分かりになるかと思います。

実録・講師の言動

おそらく、今の名前のままでは受講者も減って
経営が立ちいかなくなる程になってしまいかねないので
名前を変えて、 受講者を増やそうという試みなのかもしれませんね。

このブログの影響?いやいや〜

情報提供して下さった方からは
「学ぶ人さんの記事を読んで、危機感を感じたんでしょうね(笑)」
なんて言われましたが(苦笑)

はてさて、自分の記事にそれほど影響があるのかどうか…(苦笑)

私の記事を読まれて、ブログを持っておられるプログラム講師さんが
慌てて自分の記事を削除した…なんてこともあったそうで(本当かなぁ(苦笑))
皆さんよく見られているんだなあ、と恐縮してしまいます(笑)

私の記事の影響かどうかはさておき…
DVやモラハラに関する問題に関わっているプログラム講師さんで
ブログを持っておられる方は、だいたいアンテナに登録させて頂いており

後から削除しても、その本文とアップされた写真等々は
全て自動で保存しており、こちらに残っておりますので
残念ながら削除する意味はないんですよね。

今度、削除された記事がどれなのか確認してみようかな?(笑)
ちなみに、アンテナサイトは以下となります。

DV・モラハラ・家族問題アンテナ

情報収集用に、自分でこしらえたシステムなのですが
意外にいい感じに動いているし、見てくださる方も多いようなので
近々、もっと使いやすい様に調整してみても良いかもしれません。

改めて、このブログで書いていきたいこと

一月近くも、ブログを放置してしまうと
文章の書き方ですとか、そもそも何を書きたかったか等々
忘れてしまう事も多いので、改めて整理してみます。

ある程度は、PCのメモ帳に残してあるので
後から見て「あ〜、この事を書きたいんだった〜」と
思い出すことも多いのですが、今回はここにも残しておこうと思います。

書きたい事やテーマにつながる単語を、つらつらとメモに残してあるのですが
あまりに短い単語だったり、つながりもなく単語の羅列だったりしますので…
見ても何が何やら?と思われるかもしれません…(苦笑)

では、今後書いてみたいテーマや掘り下げたい単語等々、書いてみます

・自分を取り戻す って何?
・人は問題が起きた時、まず被害者になりたがる
・一次感情と二次感情
・被害者が急に専門用語を持ちだして来た時に起きている事
・拒否する力
・「男性権力の神話」
・良かれと思って…って罠だよね
・モラハラ夫(妻)を育成してしまう妻(夫)の話
・DV加害者プログラム講師のメモの秘密
・時に患者は、いくら医者が病気だと言っても病気に名前をつけてくれないうちは信じないことがあるんだ

…最後のはなんだろう(苦笑)
何かのセリフなりの引用だと思うのですが
いかんせん、何か見つけた時、使えそうだと思ったらすぐにメモっているので

覚えていないものも多いです…(笑)

上記のメモはまだまだ一部で、直近でこれに関する記事を書きそうだな
というものだけを抜粋してみました。

改めて書いてみるのも、頭の中を整理できて良いですね。
まあ、マイペースでこれからも書いていこうと思いますので
よろしくおねがいします。