シェアする

「逆DV」って何?それを報道するマスコミへの疑問。

注意喚起
注意喚起
悪質なDV加害者プログラムの一部が名前『だけ』を変えて、名ばかりの「修復支援」や「ソーシャルプラットフォーム」の立ち上げを行っていると聞きました。
女性にも二次被害が出ておりますので どうかお気をつけ下さい

勿論「DV加害者プログラム」そのものについても十分にお気をつけください。
実態についてこちらにまとめてあります。

「逆DV」って何?それを報道するマスコミへの疑問。近年、少しずつその言葉を聞く機会が多くなった「逆DV
今回はその定義や状況について書いてみようと思います。

スポンサーリンク

「逆DV」とは?

最近、テレビなんかでも目にする機会が多くなった「逆DV」という言葉。
簡単に言ってしまえば「妻から夫への暴力」ということですね。

「逆ナンパ」「逆プロポーズ」等々
女性から男性に対しての行為をしばしば「逆○○」という事が多いのですが…
これってどうなんだろうなぁと首を傾げてしまう事が多々あります。

本質的には同じもの

逆と付いても、女性から男性への行為であっても、その行為やパワーコントロール系・暴力そのものに違いは無いのが現状です。
男女には体格差がある事が多いので、肉体的な暴力は成立しづらいと考えられがちではありますが、それを埋める為に武器を持って暴力を振るう女性も居るとのこと。

熱したフライパンを当てる…なんていう例も、本当かどうか解りませんが、あるそうです。

逆DVって増えてるの?

報道から受け取る情報を鵜呑みにするのであれば、DVと同じく逆DVも増加傾向にあるという事ですが…

増えたというのは、認知件数という点でしかなく…実際に増えたとは必ずしも言えないんですよね。
正しくは「元々多かったものが、認知され始めてきた」というところでしょうか。

報道等は、どうもこの辺りの正しい数字を意識しなかったり、あえて無視したり…
という事をしがちなので、この辺りの情報は冷静に受け取る事と、それに対する検証を得る事が大事かと思います。

「逆DV」に関するニュース番組での特集

最近、毎月行っているワークのファシリテーターをされている、カウンセラーの「味さん」がテレビ番組の取材を受けたという事で、その映像を見つけてきて、実際に見てみました。

見ての通り、逆DVに関する特集なのですが…どうにも本質的な事が殆どカットされているそうです。

加害被害は男女に寄らないという事と、加害者も適切な支援を得られれば脱暴力化できること
加害被害の男女比の数字のからくり等々…

脱暴力化した加害者男性の語りも、脱暴力化への道のり等もカットされ
ただの酷い男としての印象しか、映像だけからは得られないのが残念です。

この報道に関して、実際に取材を受けた味さんのご感想はこちらにあります。
http://plaza.rakuten.co.jp/ajikun/diary/201509130001/

ならば、こちらから発信すれば良いのでは…?

この番組の特集自体は、少し前から知っていまして、見るのが楽しみだったのですが…
実際に見て、落胆せざるを得ない部分が大きいです。

その辺り、先日のワークの日に味さんと話しながら
カウンターとなる番組を作ってみませんか?という話をさせて頂きました。

放送でカットされた部分や、当事者達が本当に語りたかったこと
適切な支援とは何か・逆DVやその割合に関する数字のからくり等々…

幸い、私は映像と音声の編集技術を拙いながらも持っているので
こちらからも、発信してみる事が出来るわけですね。

来月中頃か後半には完成させたいと思っていますので、是非ご期待頂ければと思います。

あと…ワークの参加レポートも8月から滞ってるので…こちらも早く書きたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

↓他のDV・モラハラブログを読む
にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ

コメント

  1. 坂野 より:

    コメントをした者ですが自分のコメントを見るにはどうしたらいいのですか?

    • 学ぶ人 より:

      坂野様

      >コメントをした者ですが自分のコメントを見るにはどうしたらいいのですか?
      はい。先ほどはコメントありがとうございます。
      コメントについては、PCだとサイドバー、スマートフォンですと下の方に「最近のコメント」という欄がありますので
      そちらからご覧いただければと思います。

      また、先ほど何度か「お問い合わせ」よりメッセージを頂きましたでしょうか??
      本文とタイトルが空で、差出人が「坂野」となっているメールが届いておりました。

  2. リンク より:

    そもそも逆DVなんて存在しません。
    これはただのDVです。
    男が女にするからDVなのではなくて、配偶者間暴力なので、どちらもDVです。

    違いはありません。

  3. 斉藤ママ より:

    「デートDV」というのも、非常におかしな日本語です。
    外国人が考えた造語ではないでしょうか?
    千葉市が「デートDV」のパンフを発行していて、
    法令を読みながら仕事をしている役所が作ったものではないと感じました。

    • 学ぶ人 より:

      和製英語っぽい感じですよね。
      千葉市については、当時の知事がコテコテのフェミニスト・ミサンドリストだったそうで、それを聞くとなんだか納得が行きます。