シェアする

DVを巡る、日本国内での支援が抱える問題についての動画

注意喚起
注意喚起
悪質なDV加害者プログラムの一部が名前『だけ』を変えて、名ばかりの「修復支援」や「ソーシャルプラットフォーム」の立ち上げを行っていると聞きました。
女性にも二次被害が出ておりますので どうかお気をつけ下さい

勿論「DV加害者プログラム」そのものについても十分にお気をつけください。
実態についてこちらにまとめてあります。

DVを巡る、日本国内での支援が抱える問題についての動画DVにまつわる問題に関して
現場の支援者に語って頂くシリーズ動画ですが…

第1回第2回に引き続き
本日、第3回目の動画をYoutubeにアップロードしました。

スポンサーリンク

具体的な支援内容と、欧米との対応比較

今回の動画は以下となります。

前半では「日本家族再生センター」でやっている支援についてと
加害者・被害者について

中盤、後半では
欧米でのDV対応・支援についてのお話と
それと比較した日本の、まだまだ遅れている対応について語っていただきました。

今の日本のDV支援制度の問題

「加害者の中にも被害者性はあり、被害者の中にも加害者性がある」
という部分は確かにその通りなんですよね。

今の日本のDV支援の仕組みでは
加害者と被害者に完全に分けられ、充分な支援がどちらも受けられず
どちらも回復せず、ずっとしんどい思いをしてしまうという現実がありますし

被害者も、簡単に相談には行けない現実もあります。

この現実を、今後どうしていくかというのは
大きな課題かと思います。

第1回目でも語られた様に
「離婚させても、後にDV家庭が2つに増えるだけ」
というのも、今の日本の支援を見れば納得せざるを得ません。

第4回も近日公開

撮影した映像のストックはまだまだありますので
これからまた、どんどん公開していきますね。

よろしければチャンネル登録もよろしくお願いいたします。

おまけ動画(?)

今回編集した第三弾動画の別バージョンも作ってみました。

顔にモザイクをかけ、音声もプライバシーの為変更しています(笑)


こういう、テレビでしか出来なかったことが
今は、個人で手軽に出来てしまう時代なんです。
もう、テレビに頼るよりも個人での発信で良いんじゃないかと思う今日この頃です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

↓他のDV・モラハラブログを読む
にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ