シェアする

調停には1種類しか無いと思っているDV加害者プログラム講師

注意喚起
注意喚起
悪質なDV加害者プログラムの一部が名前『だけ』を変えて、名ばかりの「修復支援」や「ソーシャルプラットフォーム」の立ち上げを行っていると聞きました。
女性にも二次被害が出ておりますので どうかお気をつけ下さい

勿論「DV加害者プログラム」そのものについても十分にお気をつけください。
実態についてこちらにまとめてあります。

調停には1種類しか無いと思っているDV加害者プログラム講師

久しぶりに、DV加害者プログラムでのお話です。
今回は「調停」についてです。

スポンサーリンク

咬み合わない話

いつものDV加害者更生プログラムでは
前半の時間を、近況報告等に使います。

で、ある参加者さんの近況として…
参加者さん「調停を申し立てました。」
という発言があり、それに対する講師の反応は…

「あら、やっと離婚する気になられたんですね!」

という発言でした。
参加者さんは首を傾げて
「いえ、円満調停ですよ??」とおっしゃいました。

自分も、最初調停と聞いた時にビックリしたのですが
円満調停と聞いて、なるほどと思いました。

それに対する講師さんの反応は…
「…??調停でしょ?離婚するんでしょ?円満なんてものがあるんですか?
という反応でした。

ええええ!?
講師さん、離婚にも関わる講師をしていて

調停は、離婚調停の1つしか無いと思っておられた様です…

夫婦関係調整調停

離婚調停・円満調停
この2つは、正しくはどちらとも「夫婦関係調整調停」と言いまして…
離婚について話し合うものと、円満に夫婦としてやっていくために
お互いの決め事等を、第三者を間に置いて話し合うものです。

離婚するためと、より良い夫婦になるため…という形ですね。
調停を進めていくにあたって、離婚調停で申し立てたものが円満に切り替わることもあれば
その逆もありえます。

そうして、いろいろな物事を決めていく流れとなります。

離婚のためだけの物と思っていました

参加者さんは、講師さんを始め全員に判るよう説明して下さいました。
私も恥ずかしながら、円満については知らなかったので
新たな学びとなりました。

講師さんが知らなかったというのは衝撃的でしたが…

講師さんはしきりに
「へぇ~。円満ねぇ~。ふーーん」
と腕を組んで呟いてました…ちょっと印象悪いなぁ…

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

↓他のDV・モラハラブログを読む
にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ