シェアする

DV更正プログラム第1回目・後半

注意喚起
注意喚起
悪質なDV加害者プログラムの一部が名前『だけ』を変えて、名ばかりの「修復支援」や「ソーシャルプラットフォーム」の立ち上げを行っていると聞きました。
女性にも二次被害が出ておりますので どうかお気をつけ下さい

勿論「DV加害者プログラム」そのものについても十分にお気をつけください。
実態についてこちらにまとめてあります。

DV更正プログラム第1回目・後半「DV更正プログラム第1回目」からの続きです。

DV更正プログラムは、1回にかける時間が2時間となっており、1時間ずつで前後半に分かれます。

スポンサーリンク

前半の流れ

最初の1時間は、参加者それぞれの1週間の振り返りを行います。

振り返る出来事のあった参加者が挙手制で話していきます。

内容は
別居中のパートナーから連絡があった、また強い言い方をしてしまった、別居中のパートナーから調停の書類が届いたなんて方もいました。
こんなことがあったけど、パートナーにどう接すれば等々、相談に近いこともあります。

講師はそれを聞き、指摘やアドバイスをしていき
皆で共有できる内容、知識があれば、その旨掘り下げて話していく
というような事を前半1時間で行います。

後半は学習教材を使って

後半は、各回により内容の違う学習内容となっており
DV更正プログラムの定める項目についての紙か配られ、それを元に1時間学習していきます。

内容は、DV内容をさらに具体的に掘り下げた例や、役を
割り当ててのロールプレイ等々、様々なものがあります。
一年間、52種類の項目を受けることが1つの目標となっています。

また、プログラムでは配偶者の事を「パートナー」と呼ぶという決まりがあります。
「妻」や「嫁」また、「○○さんの奥さん」という言い方は出来ません。

不思議な決まりだなあとは最初思いましたが、今では慣れてきました。

ひとまず、基本的な事や背景は今回で書ききれたかなとは思います。
次回以降では、さらに内容について詳しく書いたり
自分自身で取り組んでいる事についても書いていきます。

また、わからないことや聞いてみたいこと等あれば、コメントや「メールフォーム」等でよろしくお願いします。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

↓他のDV・モラハラブログを読む
にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ