シェアする

DV更生プログラム講師の、とんでもない新情報

注意喚起
注意喚起
悪質なDV加害者プログラムの一部が名前『だけ』を変えて、名ばかりの「修復支援」や「ソーシャルプラットフォーム」の立ち上げを行っていると聞きました。
女性にも二次被害が出ておりますので どうかお気をつけ下さい

勿論「DV加害者プログラム」そのものについても十分にお気をつけください。
実態についてこちらにまとめてあります。

DV更生プログラム講師の、とんでもない新情報女性団体系のDV加害者プログラム講師について、色々と繋がってしまう情報
先日の、11月銀座ワークで知ってしまいました。

いやはや、こんな所で色々繋がろうとは…世の中不思議なものです。

スポンサーリンク

いつものワークにて

ワーク開始前の雑談で
私が以前通っていたDV加害者プログラム講師の名前が出てきました。

なんと、何年か前に男女共同参画系のイベント
ワーク主催者によるセミナー・分科会に参加していたそうです。
テーマは、メンズワークによる脱帽力の有用性とかなんとか?だったかな?

当時の名簿を見たら、講師の名前が参加者リストに入っていた上に
いつもワークに参加されている女性が、その講師の事を知っていた事で色々情報が繋がったそうです。

講師の酷い参加態度

どうも、女性団体系プログラムとは考え方が違うのが気に食わなかったのか
主催者に突っかかり、高圧的な質問等を繰り返した挙句

資料のプリントを席に残したまま、途中退室してしまったんだとか。

それを見ていたワーク主催のカウンセラーさん曰く
怖い人でしたねえ(笑)まさかあんな人がDV加害者プログラムのファシリをやっていたなんて(笑)」
との事でした。

確かに、話し方や人への接し方に問題のある方でしたし
そんな評になるのも納得です(苦笑)

学ぶ姿勢が無いんでしょうね。

色々と思い出して身体が震えてしまう

その話を聞いて私は、身体が震えてしまうのを抑えられませんでした。
恐怖というよりは…当時の怒りや、講師からの暴力を思い出しての感情だったと思います。

講師の顔や声、私や他の参加者に対するパワーコントロール全開の言動や
後からしった、女性側に裏から行っていた事の事実等

DV更生プログラム講師が、裏で妻側に行っている事
先日、本当に突然のことでしたが DV加害者更生プログラムの裏の実態の一部を知る機会がありました。 それについて今日は書こうと思います。 ...

やはり、未だに許せないのだと思います。

この講師から被害を受けたのは男性だけではなかった

その講師を知っている人も当事者としてワークに参加されている女性なのですが
一度その講師と話したことがあり、その際に高圧的な物言い
講師の意見の押し付け行為があり、二次被害を受け傷ついた…という事も話されていました。

その歳に言われた言葉等を聞き
やはり、その時の様子が容易に想像できてしまいました。
なんともはや…

この講師が抱える歪みとは?

そんな、とんでもない事を繰り返していたプログラム講師は
余りにも言動が病的と感じます。

この講師のプログラムに参加してた当時は仲間と
「昔男から酷い目に合わされたのかなあ?それで男性全体を恨むようになったのでは?」
等話していた事を思い出しました。

事実は解りませんが、そういう事もあったのかもしれないですね。

または、プログラム総本山の講師養成講座で洗脳された被害者なのかも?
とも最近は思っています。

この問題を考えて発信するようになってから得た情報によると…
講師養成講座も、中々洗脳的で危険な物だという事を、資料のリークも含めてお話頂いています。

DV更生プログラム講師養成講座の内容に驚きました
今回、元DV被害者の女性と、そしてなんと DV加害者更生プログラムの養成を受けたという方のお二方と お会いする機会がありました。 ...

こういう歪みを一度抱えてしまうと…自分はもしかして間違ってるのでは…?
という自覚をどこかで持ちつつも、認めるのが怖くなって
フタをしてしまうのかもしれません。

色々考えると、ある意味可哀想な人なのかもな?とも思えてしまいます(苦笑)

こんな歪みを抱えた人が支援者とは、どうなんだろう。

正直、繋がりたくは無いですし
過去繋がってしまった事は完全に失敗だったと感じます…。

今は「関係修復プログラム」等と名前を変えたそうなのですが…
今現在の参加者によると中身は変わらず、依然として参加者に対してのパワーコントロールが横行しているそうです。

そんなこともあり、参加者も随分離れ…助成金もあまり望めないという状況らしいですが
売上確保と更なるコントロールの為に、当事者男女は両方ともプログラム参加を強制する
というルールを策定し始めているそうです。

なかなか悪どいと言いますか…(笑)

今となっても、許せない気持ちもあるし怒りもあるんだけど…なんだか可哀想な人間だなあと思えてきています。

こんな事をしていても、講師自身も救われないし
何より、当事者に対して二次被害を負わせるだけになると思うのですけれどね…

もし、今DVやモラハラ等の当事者になっている方は
このような所に繋がらないよう、お気をつけ下さい…

身体の震えの顛末…物語の書き換え

さて、私が震えてしまった事ですが
どうも、その前後で付けられたエアコンの設定が「冷房」になっていたのが
要因の一つでした(笑)

まさかこんな事があろうとは…
これも、良い方向での物語の書き換えでしょうか(笑)

少し、トラウマやストレスがこれで昇華されていった気がします(笑)