シェアする

DV・モラハラ当事者間のコントロール・暴力…

注意喚起
注意喚起
悪質なDV加害者プログラムの一部が名前『だけ』を変えて、名ばかりの「修復支援」や「ソーシャルプラットフォーム」の立ち上げを行っていると聞きました。
女性にも二次被害が出ておりますので どうかお気をつけ下さい

勿論「DV加害者プログラム」そのものについても十分にお気をつけください。
実態についてこちらにまとめてあります。

DV・モラハラ当事者間のコントロール・暴力…つい先日、やりきれないなぁという事があったので
ここに残しておくことにします。
う〜ん、多分自分、これについてやりきれなさとか、怒りを感じちゃったんだろうなぁ。

TD9DBEHNYY

スポンサーリンク

とあるモラハラ加害者のブログにて

最近、よく読んでいるブログがありまして
いわゆる「モラハラの加害者が、加害者プログラムに通いながら反省する」という
ブログなんですが…

私も日々読みながら、自分の学びにもしていたのですが
つい先日、その方がアップした記事で
ご自身が感じられていたという納得の行かない部分、生の怒りの部分が発露されていました。

ブログでそれを書く事自体は良いのですが…
自分の感情を感じて認めるというのは、回復の1傾向でもありますし…
(それを他者に向けるのはよろしくないですが)

その記事に対して、所謂被害者とされる方たちからの
コメントでの攻撃があったんですね。

その様をみて「仮面の男」を思い出してしまいました

反省を書き綴るモラハラ男と
(今回は、自身の怒りについて書かれていましたが)
それに対して糾弾する被害者女性…

見ていて辛いなぁと思いながら、ある事を思い出していました。
以下の記事ですね。

晒され、責め立てられるモラハラ男。暴力の連鎖…

コメント自体、どんなものが有ったかは
あまりこういう場で出すものでもないので
ブログのURL諸々、出さないでおきますが…

私も余りコメント等はしない方が良いかな…と思ったのですが
抑えきれず、共感のコメントと
自分の感情は認めちゃっていいんですよ…とつい上からのコメントをしてしまいました。

なんとも難しいですね…
そのブログ主様は、コメントに対して真摯にかえしてらっしゃっていたので
凄いな…と素直に思えました。

心ないコメントに潰されず、幸せを掴んでほしいな…と
心から思いました。

加害者・被害者という言葉にとらわれず
皆が「当事者」として自分に向き合っていければ…と思うのですが
なんとも難しいですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

↓他のDV・モラハラブログを読む
にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ

コメント

  1. テコ より:

    …なんとも言えない気持ちになりますね。

    自分がすんごく傷付いたから誰に何を言っても良い、
    なんて理屈は通るのかな?

    被害者(と言われる)立場から思うのは、
    その糾弾した女性は、
    本当は自分を傷付けた相手に直接もっともっと言いたい気持ちがあったのに、
    受け入れてもらえない何かあったんだろうな。
    心の中では私を想ってって叫んでる気がします。

    考えてたら両者に対してやりきれない気持ちが湧きます。

    暴力(言葉や行動含め)という行為は良くないと思うし、
    それしか選択出来ない心は稚拙。
    ただ、
    その人自身全て悪いなんて事にはならないよ〜! と叫びたい。

    改めようとする気持ちがある事でまず十分じゃないんですかね、それありき!
    明日は我が身。