シェアする

DV改善のために | お勧め頂いた本「ブッタとシッタカブッタ」

注意喚起
注意喚起
悪質なDV加害者プログラムの一部が名前『だけ』を変えて、名ばかりの「修復支援」や「ソーシャルプラットフォーム」の立ち上げを行っていると聞きました。
女性にも二次被害が出ておりますので どうかお気をつけ下さい

勿論「DV加害者プログラム」そのものについても十分にお気をつけください。
実態についてこちらにまとめてあります。

DV改善のために | お勧め頂いた本「ブッタとシッタカブッタ」

前回、初めて行きました、加害者更正プログラムとは別の非暴力ワークにて
女性ワークの参加者だった女性から、ひとつの本をお勧めいただきました。

「ブッタとシッタカブッタ」
という漫画本でした。

何巻か出ているのですが、今回は最初の1巻を購入して
さっそく読んでみました。

スポンサーリンク

心に響きます

可愛らしい(?)絵柄の4コマ漫画なのですが
その内容は…

ブタキャラ化された「ブッタ」
(元ネタはまさに「ブッダ」ですね。いいのかな、これ(苦笑))
と、特にブタという以外特徴はない?「シッタカブッタ」を中心に描かれていきます。

主に人間関係において、自分のとらえ方、相手に与える印象…
モノを見るということ、問題とは何か…

本当に「あるある!」と言ってしまうことが多いです。
「受動的攻撃」ってこういうのだよなぁ…とか
いろいろ学んできた事が、いい例となって描かれています。

エピソードによっては胸に刺さるものがあったり
自分を見つめなおすとはどういう事か

自分とは何か、相手とはなにか…
凄く考えさせられます。

自分と向き合うという事

あるエピドードで、シッタカブッタは
自分とは何かという事に向き合います。

自分とは、世界とは、他人とは…
あまり内容を書くとネタばらしになってしまうので
ぜひ、一度読んでみて欲しいかなと思います。

DV加害者にも被害者にも読んでみて欲しい

DVとは、自分の思い込みや価値観
物事のとらえ方の問題で起こることが多いです。

そんなDVの加害者と呼ばれる人たち
勿論、被害者と呼ばれる方たちにも
ぜひ一度読んでみて欲しい。そんな本でした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

↓他のDV・モラハラブログを読む
にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ