シェアする

全てのDV加害者の方へ…/ブログ共同執筆者を募集します

注意喚起
注意喚起
悪質なDV加害者プログラムの一部が名前『だけ』を変えて、名ばかりの「修復支援」や「ソーシャルプラットフォーム」の立ち上げを行っていると聞きました。
女性にも二次被害が出ておりますので どうかお気をつけ下さい

勿論「DV加害者プログラム」そのものについても十分にお気をつけください。
実態についてこちらにまとめてあります。

全てのDV加害者の方へ…/ブログ共同執筆者を募集します

スポンサーリンク

バタラーと呼ばれる方へ

DV加害者更生プログラムや、その関連の研究やらでは
加害者と言われる人物のことを「バタラー」と呼びます。
団体によっては「B」と略すこともあるそうです。

バタラー加害者…そう呼ばれた方
そういう行為をしてしまった方
そんな方もこのブログを見てくださっていて
時にメッセージを頂くこともあります。

本当に、励みになります。
そして私の発信が、誰かの励みになれば
こんなに嬉しいことはありません。

一緒に、頑張っていきましょう。
自分を変えるために努力していきましょう。

圧力と自分からの気付きは違うのではないか

以前の記事でも書いた通り、加害者プログラムでは
加害者への外圧を第一として、教育に取り組んでおられます。

確かに、圧力は必要なのかもしれません。
それだけの行為をしてしまったのですから…

ですが、先日カウンセラーの方からこういった話も受けました

「私はDV、モラハラの方のカウンセリングをやったこともありますが、それを通して感じたのは、やはりみんなどこかに傷を抱えていて、丁寧なカウンセリングが必要だということでした。」

一方的な圧力で、反省を強制的に促す…
自らの気付きでない反省に意味はあるのでしょうか?
自己肯定、できるのでしょうか?

もちろん、反省をしなくていいとか
自分を正当化していい等と言っているわけではありません。
更生プログラムも、知識という意味合いではかなり有用かとは思っています。

このあたりは、ちょっと興味深い本を教えていただきまして
良さそうでしたら改めて紹介してみますね。

こうして、多方面からどんどん学んで行くことが
改善への方法の1つだと私は信じています。

ブログ共同執筆の募集

こうして、DV・モラハラをめぐる更生への学びを発信している当ブログですが
一緒に記事を書いてくださる方を募集します。

複数の当事者による発信で、このブログがさらに
多角的な視点、考えを持てると思ったからです。

DV加害者と呼ばれる男性・女性はもちろん
被害者と呼ばれる方の執筆も歓迎します。

加害者更生プログラムに通っている方でしたら
体験談等書いて頂ければありがたいですし
被害者と呼ばれる方でしたら、その思いやケアの軌跡等教えていただけたらと思っています。

当事者として、発信してみたいけど
自分のブログとかは持ってないし…という方に場を提供できればと思っています。

もちろん、ブログを既に持っている方の寄稿も歓迎いたします。

このブログに専用のアカウントを作らせて頂いて…
その方の名前(ハンドルネームでもちろん構いません)で記事を投稿して頂く形になります。

もし、書いてみたいという当事者の方がいらっしゃいましたら
私宛にメッセージを頂ければ、ご説明させて頂きますね。

どうぞ、よろしくお願いします。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

↓他のDV・モラハラブログを読む
にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ